メニュー

冬も犬を散歩に連れて行くべき?注意点と対策は?

 

寒くなると、ついつい億劫になってしまう犬の散歩。ちょっと今日は行きたくないなあ…なんて思う日もありますよね。また、寒いけど散歩にいってしまっていいのかしら?と思うこともあるでしょう。冬の寒い日でも愛犬を散歩に連れて行ってあげた方が良いのでしょうか?今回は、寒い冬の日の愛犬との散歩に行くべきかどうか、そして散歩に行く場合の注意点や対策をまとめました。

冬も散歩を楽しもう♪犬の体調と気持ちを考慮して。

冬の散歩を楽しむ犬と飼主

寒い冬でも、愛犬が散歩に行きたがっていて、特に体調に問題がない限り、基本的には散歩に連れて行ってあげましょう。

散歩は、犬のストレス発散や運動不足の解消になったり、飼い主との貴重なコミュニケーションの時間になったりします。
また、冬は食欲が旺盛になる犬もいます。食欲が旺盛になった犬を、寒いからと言って散歩に連れて行かないままでいると、どんどん太ってしまうことも…。肥満やそれによる病気を防ぐためにも、毎日の散歩による適度な運動をすることがおすすめです。

※愛犬は大丈夫?犬の肥満度を知る方法はこちらの記事でご紹介しています。
犬の肥満チェック法。「肥満かも?」と思った時にするべきことは?【獣医師監修】

寒い冬のお散歩は、飼い主にとっては少し辛いかもしれません。しかし、冷たい風を感じたり、葉っぱを追いかけたり、他の季節とは違った愛犬の様子を楽しむこともできるはず。愛犬の微笑ましい姿に、きっと癒されるはずですよ。

犬も冬は寒いもの。散歩の際の防寒はしっかりと!

防寒対策をして冬の散歩を楽しむ犬"

冬であっても散歩はなるべく行ってあげるべきですが、特に寒さの厳しい時期の散歩は、他の季節と同じように考えては危険なことも。
飼い主だけでなく、わんちゃんにもしっかり防寒対策をする必要があります。

特に、寒がりな犬や、もともと寒さに弱い犬種の場合は注意が必要です。パピヨンやチワワ、マルチーズ、シーズー、プードルなどのシングルコートと呼ばれる犬は、寒さに弱いと言われています。

また、北海道や東北地方などをはじめとした寒さの厳しい地域に住んでいる方も、愛犬との散歩の時には防寒対策を怠らないように気をつけてください。

冬の散歩、犬の防寒にはドッグウェアが便利

愛犬との冬の散歩を思い切り楽しむためのアイテムとしては、ドッグウェアが便利です。飼い主さんによっては、ドッグウェアになんとなく抵抗があるかもしれません。でも、ドッグウェアは、散歩中の犬の防寒対策に非常に有効なアイテム。愛犬が寒さに弱い場合には、ぜひ着させてあげてくださいね。

とはいうものの、犬自身が服を着るのを嫌がる場合もあります。そんな時には無理強いは禁物です。ドッグウェアには様々な素材や形のものがあります。愛犬の好みに合わせて、できるだけ愛犬の自然な動きを妨げないのようなものを選び、時間をかけて慣らしていきましょう。

ドッグウェアを着て冬の散歩を楽しむ犬

また、愛犬用の靴や靴下も販売されています。特に雪の日のように足元の冷えが気になる時には、そういったものを履かせてあげるだけでも随分違いますよ。

日頃から、愛犬が嫌がらないアイテムを探して、着たり履いたりする練習をしておくと良いでしょう。

愛犬との冬の散歩の注意点

寒い冬の散歩で気をつけることは他にもいくつかあります。特に、以下の3点に注意しましょう。

寒さによる冷え

冬は一日中寒いですが、特に寒い時間帯は早朝と夜です。
冬の散歩は、なるべく朝は遅めに、夕方は早めに行くようにしましょう。具体的に言うと、8時から17時頃までが比較的暖かくておすすめです。毎日となるとなかなか難しい時間帯ですが、家族で協力しあったり、せめて休みの日だけでもその時間帯に散歩してあげたりするなどして、なるべく工夫しましょう。

雪の中、暖かい時間に冬の散歩を楽しむ犬

また、お天気の悪い日は無理に長時間の散歩に行く必要はありません。特に雪の中の散歩は要注意。雪の塊が被毛について固まってしまうと、体が冷えすぎてしまうことも。こまめに雪をはらってあげるなどの気遣いも必要です。

また、特別寒い日は、近場を軽く散歩する程度にするなど、早めに切り上げることも大切です。あまりに寒さが厳しいようなら、ちょっとくらいお散歩をお休みしたってOKです。その分、暖かい家の中でたくさん遊んであげるようにしましょう。

室内と外の寒暖差

寒暖差は人間にとっても危険なものですが、犬も同じです。特に、持病のある犬や高齢犬は注意が必要。暖かい室内から突然寒い外に出ることは、体に非常に大きな負担となります。

冬に犬とお散歩に出る時は、寒さに体が慣れるように、出発前にしっかり準備をしましょう。

例えば、家の中でも廊下や玄関など、暖房が効いていない場所があるはずです。そこで寒さに慣れる時間を作ったり、玄関を少しだけ開けて外の気温に慣れさせたりすると効果的です。

また、寒い中で急に激しい運動をさせるのも、体の負担になってしまい危険です。焦らずゆっくりと慣れさせ、徐々にスピードアップするようにしましょう。

冬の散歩で出会う思わぬ危険にも要注意

冬の散歩でケガをしないように靴を履く犬

犬を連れて散歩に行く時、安全に気をつけるのは当然のことですが、冬はさらに注意が必要です。

特に、雪が降った翌朝はアスファルトが凍結していることが多く、いつもより滑りやすくなっているので十分注意してください。

また、路面が凍結したり、雪が積もったりしていると飼い主さんの注意も散漫になりがち。愛犬が雪の中から何かを見つけていつのまにか食べていた、何かで足を怪我してしまった…などということが起こりがちなので、十分に気を付けましょう。

そのほか、雪や雨の日は視界が悪くなりますので、目立つ色のリードやハーネスを付け、短めに持つようにしましょう。さらに、車や自転車などが来ていないか、いつも以上に周囲にしっかり目を配りましょう。

冬に愛犬との散歩から帰って来たらやるべきことは?

冬の散歩後暖かい部屋でゆっくりする犬

冬のお散歩は思った以上に体力を消耗するものです。家に帰って来たら、暖かい部屋でゆっくりと休ませてあげましょう。雪の中で遊ぶなどして体が濡れている場合には、しっかりと乾かすことを忘れずに。

また、凍ったアスファルトの上を散歩させることで、肉球が荒れたり傷ついたりしている場合があります。家に帰ったらすぐにチェックしてあげてください。

冷えて乾燥した冬の空気は、犬の肉球と鼻のひび割れの原因になり、痛みが出たり場合によっては化膿したりすることもあります。こちらも毎日チェックし、乾燥対策のクリームやジェルを塗ってあげてください。鼻には散歩前、肉球には散歩後に塗るのがおすすめです。

冬の散歩、愛犬が嫌がる場合はどうすれば良い?

冬に散歩に行きたがらない犬

冬の寒い日に愛犬が散歩を嫌がる場合は、無理に連れて行く必要はありません。無理に連れて行くと、散歩自体を苦痛なものと認識し、散歩嫌いになってしまう可能性もあります。

散歩に行かない場合であっても、時々窓をあけて外の風を感じさせたり、だっこで玄関先まで連れて行ってあげたりして、上手に冬の空気を感じさせ、気分転換させてあげることをおすすめします。

また、愛犬が散歩を嫌がりだした場合には、愛犬が体調不良で散歩にいきたがっていない可能性はないかをしっかり観察してあげてくださいね。

散歩をお休みする場合、愛犬の体調に問題がないようであれば、室内で目一杯遊んでストレス発散させてあげましょう。また、もっと広いスペースでしっかり運動させたい場合は、屋内のドッグランに連れて行くのも良いでしょう。たくさん運動できて危険も少ないためおすすめです。

※愛犬との室内遊びについてはこちらの記事でご紹介しています。
犬が喜ぶおもちゃの遊び方!遊び上手な飼い主はココが違う!
しつけもできる♪犬との室内遊び3選と注意点まとめ【番外編あり】

※冬におすすめのドッグランへ行くときの注意点はこちらの記事でご紹介しています。
ドッグラン・ドッグカフェへ行こう!子犬と100%楽しむための準備とマナーとは?

冬の散歩、無理のない範囲で楽しもう

冬の寒い日の散歩は億劫になってしまいがちですが、大切なペットの健康のためにもできるだけ連れて行ってあげましょう。ただし、高齢の犬や体調が悪い犬、犬自身が散歩を嫌がっている場合は無理に連れて行ってはいけません。また、雪など天気が悪い日も無理しないようにしましょう。犬と飼い主がコミュニケーションを取れる大切な散歩が、冬も楽しい時間になるように、愛犬の様子と天気を確認しながら、しっかり判断してあげてくださいね!

※愛犬との冬の過ごし方についてはこちらの記事でもご紹介しています。
犬の寒さ対策、家の中も外も快適に過ごす方法のまとめ
冬を愛犬と快適に♪知っておくべき7項目とは?

東京大学農学部 獣医学専修を卒業後、大阪の高度獣医二次診療病院に勤務の後、渡米しミシガン州立大学、カリフォルニア大学 ディビス校にて、整形外科・再生医療の研究などに携わる。帰国後は、アメリカでの経験を活かし、川村動物病院の院長として、より良い地域医療の普及に邁進中。

関連記事